フリーランスか会社員か

subpage01

フリーランスと会社員のどちらが良いのかという議論がなされることが多いです。


これに関しては正解はないのですが、その人が仕事に対して何を求めるかによります。

日本人であれば安定を求める人が他国よりも多いと思いますが、それに関しても何をもって安定かによります。
企業で継続的な雇用が得られることを安定と言う人が多いですが、それは現状企業で働いているからといって、それが今後も継続するとは限りません。



これはさんざん聞いたことがあることでしょう。そして次に考えることは、では万が一自分の働いている会社でもう働けないとなったとき、違う会社に転職できるのかということです。
この発想はわりとメリットがあります。


自分の市場価値を常に意識することで、自社だけでしか使えない人間にはならないということです。



よくそのために資格を取得するという人もいますが、それは微妙です。会社は普通、営利目的で動いています。


そのため、その資格が必ずしも利益に結びつくとは限らないからです。

資格を活かすなら、ダイレクトに業務に結びつく必要があります。
そして、市場価値を伸ばすという点では、フリーランスに軍配があがります。



会社では自分の市場価値を意識したとしても、業務時間にそれに取り組めるとは限りません。


しかし、フリーランスであれば仕事を選べるため、自分のスキルアップに最大限直結する仕事を選ぶことが可能なのです。
これはフリーランスの大きなメリットです。