フリーランスの飽和状態問題

subpage1

フリーランスの仕事は、クラウドサービスの普及などの影響によって、人口が増えてきました。



今は仕事が多くて、やる気さえあれば仕事がないという状況にはならないのですが、このままフリーランスの人口が増え続けると仕事の数が足りなくなり、フリーランスの人が仕事にあぶれるということを言う人もいます。
しかし、このままの流れだと企業も外部に委託し、自社に人を置くよりもコスト削減することを考えるでしょう。
会社に物理的に人が集まるメリットはたしかに大きいです。

人と人が顔を合わせることでモチベーションアップにもつながりますし、分業もしやすいかもしれません。



しかし、それ以上にデメリットも多いです。

職場での一番大きいストレスの原因はだいたい人間関係です。


これは本来の業務と関係ないのでなくせるならなくした方が良いでしょう。

また、ストレスを抱えていることからもわかるように、そこに割く時間も労力も大きいのです。



相手がどう感じるか、これは言っても良いものか、マナーができているか、などを考えることも良いことなのですが、いつもそれをやっていると仕事が進みにくいです。
また日本企業ではそれが一番重要ということになっているので、常に油断できません。
結果的にマナーよく一日を過ごしたけれども仕事自体はあまり進んでいないようなことが日常的におこります。
これはフリーランスの形態で働くことで解消できます。
パソコンに向かって作業に集中できるためです。

知っておきたい常識

subpage2

フリーランスとは、主に自営業とよく似ていて、自分自身の能力や技術を用いて働く人のことを言います。イラストを描くのが得意な人はイラストレーター、文章を書くのが好きな人はライターなど様々な道を選ぶことができます。...

next

ビジネスが気になる方

subpage3

フリーランスと会社員のどちらが良いのかという議論がなされることが多いです。これに関しては正解はないのですが、その人が仕事に対して何を求めるかによります。...

next

知っておきたい情報

subpage4

今は世界各国でフリーランスの働き方が一般化していますが、今後ますますこの動きは進んでいくことになるでしょう。そしてフリーランスの良い点は、なんといっても自由であるということです。...

next

初心者向きビジネス

subpage5

最近はフリーランスで働く人も増えているので、誰しも聞いたことはあるでしょう。自分も将来的にやってみたいなと思っている人もいれば、自分には関係ないと思っている人もいるでしょう。...

next